任意整理についての基礎知識

任意整理のすすめ

借金の返済に困難をきたしている人が、返済計画を練り直したり債務の額を圧縮したりすることによって生活の立て直しを目指すことを債務整理といいます。この債務整理において最もよく用いられる手法が、任意整理です。
任意整理とは、債権者と債務者が直接交渉を行って債務の整理を図るというものです。「任意」とは、裁判所などの公的機関を通さずに当事者同士で合意を目指すという意味です。また直接交渉といっても債権者の多くは消費者金融業者など金融のプロなので、債務者が対等の立場で交渉を行うのはなかなか困難です。そのため一般には弁護士や司法書士などのエキスパートに依頼して交渉を代行してもらうというスタイルをとります。

任意整理の手続き

任意というだけあって交渉の内容や進め方は個々のケースによってまちまちですが、一般的には債務者がおおむね3年から5年程度で返済を着実に実行する代わりに、債権者から一定の譲歩を引き出すという形式をとるのが一般的です。具体的には、返済能力を超える分の債権を放棄してもらう、今後発生する分の利息を免除してもらうといったことが交渉の焦点となります。加えて、厳しい取り立て行為は即座に中止してもらうといったことも要請します。

人に整理のメリットと過払い金

また、交渉の過程でしばしばクローズアップされるのがいわゆる過払い金です。これは法で定めた上限を超えて徴収した利息のことで、法そのものに一時期グレーゾーンがあったためにしばしば発生することがありました。過払い金の存在が明らかになった場合は当然その分の額を債務と相殺することができますし、場合によっては返還金が受けられることもあります。
交渉が妥結した場合は妥結内容を記した文書を取り交わし、以後は双方が妥結内容を確実に履行することとなります。