自己破産で債務整理手続き

自己破産のススメ

金融機関からお金を借りていてどうしても返済をしていくことができない、
利息が膨れ上がってしまって金利の支払いも厳しい、
金利の低い所で借り換えも検討したが審査に落ちてしまった、
毎日毎日督促の電話に悩まされていて返済の目途もしばらくたたない、
このような状況のときに、法的に借金の問題を解決することができる債務整理方法があります。
それが自己破産です。

自己破産の特徴

債務整理の方法にはいくつかあるのですが、任意整理と個人再生は減額された借金を将来の収入でなんとか完済まで返済計画を立てることができて、返済できそうだという場合に行える手続きです。
しかし、将来の収入や自己保有の財産を処分したとしてもそれでも到底完済をしていくことが難しいと判断される場合には、自己破産が最終的な手段となります。
破産という言葉を聞くと、なんとなくこの世の終わりのような連想をしてしまうのですが、これは法的に認められている制度です。
悲観することはないのです。

自己破産の手続きとメリット

もし、この制度がなかったという場合に、借金の返済で苦しくなってしまったら借金苦で自殺をしてしまう人が後を絶たない世の中になっています。
この制度があるおかげで、借金の返済義務が法的に免れることになります。
つまり借金をいっさい返済しなくてもよいことになるのです。
借金返済免除なら、誰でもこの手続きをしたくなるのですが、誰でもできるわけではなく、裁判所にて支払い不能であることを認めてもらうことで免責となります。
自己破産をするメリットは、借金の返済が法的に免除になることで、毎日かかってくる督促の電話や手紙がなくなるので精神的にも楽になります。
また、毎月の給料のほとんどが借金返済にまわしていましたがその分が自由に使えることになるのです。