民事再生で借金を減額

民事再生のすすめ

民事再生とは、借金の額を減額させることができる手続きです。
自己破産と違って、住宅などの生活に必要な財産を残したまま債務整理をすることができます。

民事再生の特徴

借金がどのくらい減額できるかは、保有している財産や借金の額によって異なります。
どのような方が利用するのかというと、会社つまり法人や医師など年収が高い自営業をされている方といった、主に企業が再建を目的として行います。
個人再生を行う場合は、住宅ローンを除いた借金の金額が5000万円以下でなければならないのですが、通常の民事再生はそのような制限はなく個人も法人も幅広く利用ができます。

民事再生の手続き

ただし、手続きに関しては個人再生よりも通常の民事再生のほうが複雑になります。
その理由としては、再生計画のためには関係者が多くいることから再生計画案の過半数または2分の1以上の同意が必要になります。
個人再生の場合は、債権者が届け出をしなかった場合賛成したものされますが、民事再生の場合は届け出をしない場合は再生計画案に反対があるとみなされますので、債権者から再生計画案の賛成を得るために事前に交渉をすることが重要となります。
それが認められた上で借金を減額させることができるのです。

民事再生のメリット・デメリット

自己破産のように借金の返済が全額免除になるわけではありませんが、借金を大幅に減らすことができます。
また、高価な財産などは残したまま債務整理をすることができます。
減額された借金は、原則で3年以内に完済ができるように返済計画を立てていきます。
手続きには、約6ヵ月間程度かかります。
自己破産と違って住宅が処分されたり、資格制限を受けることはありませんが、信用情報機関にはその情報が登録されますので、今後の借り入れが不利になります。