任意整理から今後は個人再生が主流になる

コレまでの借金解決法は任意整理中心

借金をてっとりばやく完済する方法として、債務整理があります。
債務整理といってもその方法がいくつかありますが、もっとも利用頻度が高い債務整理方法が、任意整理による解決方法です。

過払い金を用いた任意整理が主流でした

任意整理は債務者が債権者と話し合いをすることで借金を解決する方法です。
たとえば過去の取引履歴から、利息制限法をはるかに超える金利、20%を超える金利で発生した利息分は本来払わなくてもよいものです。
この違法な金利で支払っていた利息は過払い金と言われ、この過払い金分を残債に相殺させることで、借金を減額させることができます。

いまの債務者には過払い金はほぼ関係ない

しかし、現在、貸金業法が改正されてから5年以上が経過しようとしています。
上限金利が引き下げられてから借り入れた人には、過払い金は関係ありません。
改正後は利息制限法以上の金利で貸金業を営業している業者はほとんどいないからです。
もし、違法な金利で営業していたら行政処分の対象となり刑事罰が課されてしまいます。
完全にヤミ金融なので、返済どころか、警察に相談する事態となります。

今の人は任意整理では大幅な減額ができない

つまり、ここ近年で借り入れの新規契約をした人は、借金の減額をしたいため任意整理を選んだとしてもあまり意味がありません。
法律の範囲内の金利で利息を支払ってきている訳ですから、減額できるものがないことになります。
それでも、将来発生する金利をカットすることはできるのですが、大幅な減額にはならないです。

今後人気になるのが債務整理

そこで、今後主流になってくるのは個人再生による債務整理になります。
個人再生は、任意整理と同じく、まずは過去の取引履歴を遡って利息制限法以下の金利に引き直して再計算していく手続きから始まります。
算出された過払い金を減額に充てるところまでは同じなのですが、そこから自己所有の財産を処分して借金の減額に充てることができるのが特徴です。
そのため効果としては、任意整理よりも減額の割合が大きくなるのが特徴です。
大きく減額できた借金を、毎月無理のない金額で分割で返済ができます。
返済期間は原則3年以内の期間となります。